英国式リフレクソロジーとは?


 「なんとなく具合が悪い」

「元気が出ない」

病院に行くのは大げさな気がして、そのままになっていませんか?


リフレクソロジーは身体が本来持っている自然治癒力を高めてくれます。
リフレクソロジーそのものが病気を治すのではありません。

足裏にある身体全体を刺激できるスイッチを押すことで

あなた自身が生まれ持った「治る力」を引き出してくれるのです。


リフレクソロジーは道具を使わず人の手で行ないます。

ひとりひとりに合わせた施術をしていく、安全で効果の高い自然療法。

身体のエネルギーを高め

病気にかかりにくい元気で健康な状態に導いてくれます。



リフレクソロジーの効果

ストレスを減らし、心身をリラックスさせます。
リフレクソロジーのトリートメントは大変深いリラックスをもたらす為、ほとんどの方がトリートメント中に眠ってしまいます。心配事を抱えた状態や、イライラした精神状態で一晩眠るよりも、リラックスした30~40分の眠りの方が身体に良い事は明らかです。
眠りは長さよりも質が大切です。


血液の循環を良くします。
身体の中を流れる血液は新鮮な酸素と栄養を各細胞に届け、逆に老廃物や毒素を運び出しますが、ストレスや緊張は血管を収縮させ、血液の流れを悪くするので循環がスムーズに行われなくなります。リフレクソロジーの気持ちよさはストレスや緊張を取り去り、血管を拡張させることでスムーズな血流を促します。

 

 

老廃物や毒素の除去を促します。
人間の身体にはリンパや各排泄器官、外皮組織といった浄化を担う部分があります。もしこういった部分がうまく働かず体内に老廃物や毒素が滞ってしまうと、それがもとで体調不良を起こしかねません。リフレクソロジーはこのような各器官にも働きかけ、その機能を高めてくれます。

 


 

エネルギーを高めます。
日本人は「やる気がない」「気合をいれる」など「気」という言葉を日常的に使用します。「気」や「エネルギー」は目に見えるものではありませんが、体調が優れない状態から改善されたとき、あたかもエネルギーを取り戻したかのような感覚を得た経験は皆さんあると思います。
リフレクソロジーのトリートメントを受け、体内に滞っていた疲れが取り除かれることによって身体がエネルギーに満ちあふれた状態になります。

 


病気の予防になります。
人間の身体はウィルスなどの外敵から身体を守る免疫システムを備えています。このシステムは私たちがストレスにうまく対処し、全身のバランスが取れていなければ十分な力を発揮することが出来ません。
リフレクソロジーはストレスを減らし、身体を本来のバランスの取れた状態に整えることで免疫システムを高め、病気にかかりにくい身体にする手助けをしてくれます。 

以下の方はリフレクソロジーを受けられません

 
★熱のある方

★妊娠初期(3ヶ月未満)の女性

(妊娠中の方は医師との相談の上、起こしください)

★生理中の方(生理痛の重い場合です)

★足の関節炎・血栓・静脈炎のある方

★足に捻挫・骨折などのケガのある方

★糖尿病・心臓病・高血圧のある方(重度の場合)

★骨粗しょう症の方

★水虫など、感染症の皮膚疾患のある方

★飲酒後や、アルコールの影響下にある方

リフレクソロジーの基礎知識

  

リフレクソロジーとは反射を意味する「Reflex」と、学問を意味する「logy」を合成してできた造語です。反射療法または反射区療法と呼ばれています。

リフレクソロジーが今のような形に確立したのは19世紀初期。
日本では「英国式」と「台湾式」と呼ばれるものが有名ですが、いずれも元はアメリカが発祥です。
「中国式」は台湾式に中国の伝統医学を組み込んだものが多いのが特徴です。



【西洋式と東洋式】

西洋では「腹腔神経叢・横隔膜」の反射区を重視します。
痛みをストレスとして感じる西洋人は圧力をかけずソフトタッチで施術します。
副交感神経を刺激するので、リラックスしたい方にお勧めです。

東洋式では「副腎・腎臓・輸尿管・膀胱」の反射区を重視して、排泄を高めます。
経路・経穴の概念で深く押圧し、多少痛くても効果につながる場合は我慢できる限りの痛さ(過度に強く刺激はしない)で施術します。
交感神経を刺激するので、スッキリしたい方にお勧めです。 
 
 
 
【リフレクソロジーとつぼ押し】
同じ足裏を刺激するものですが、指圧のつぼ押しは気の流れである経絡の「つぼ(点)」を刺激するのに対して、リフレクソロジーは身体の臓器や器官と連動した「反射区(エリア)」を刺激します。
 

【反射区とは】
人間の足裏や手のひらには全身が反射投影されています。
リフレクソロジーはその足裏や手のひらに施される特別なプレッシャーテクニックで、私たちの身体の各組織(骨格系・筋系・消化器系・呼吸器系・泌尿器系・内分泌系・循環器系・神経系)のデリケートなバランスを維持する事に役立ちます。
 

 

足は第2の心臓
血液は心臓から最も遠い足から、足の血管の収縮・弛緩により戻ります。心臓以外に血管が収縮・弛緩するのは足だけです!つまり足には心臓と同じように血液の循環を良くするポンプ作用があります。リフレクソロジーは、足を刺激する事で全身の血行を良くします。

手は外部の脳
手に受けた刺激はダイレクトに脳に伝わります。手にも足と同じく反射区がありますので、ハンドマッサージとして行う事が出来ます。靴や靴下を脱ぐ手間もなく、ちょっとした時間に手軽に行える利点があります。
「リフレクソロジー」と言うと足裏が主流なのは、施術者との距離があり、リラックス出来る環境になるからです。

(耳にも同じく反射区がありますが、リフレクソロジーを行うには反射区が小さい為あまり行いません。)
 


【医療としてのリフレクソロジー】
日本でも浸透しているリフレクソロジーですが、イギリスでは数十年にわたる大量の実データの収集と実証的・科学的・医学的な検証を経て、さらに議会の承認も得て、通常の保険医療に組み込まれています。そしてホスピスにおける緩和ケアなど、患者中心のケア、患者のクオリティ・オブ・ライフに貢献しています。
ホリスティック医療として、これからますます活躍の場が広がっていく事でしょう。
(ホリスティック医療=全体的と言う意味で、西洋医学だけでなく、東洋医学・心理療法・民間療法などを取り入れた治療の事)